墨さし

c0211368_22495040.jpg

自分が大工を始めたころは、「墨つけ」と「刻み」が出来て一人前って言われてた。自分もそう思ってった。
大工をしてて一番の楽しく苦しい時間は「墨つけ」と「刻み」。

でも今は「プレカット」の時代。大工としての一番楽しく苦しい時間は機械に奪われてしまった。

これから大工を始める若い人はこの「楽しく苦しい時間」を知らずに職人になってしまうんだろうな。かわいそうじゃな。
今は「早く・安い」の時代。いやじゃね。

そんなこと言ってると、時代に乗り遅れて仕事無くなっちゃうんでしょうね。







昨日、帰宅後ミニラのケツをなでたら、高田なみのローキックを決められた。どうやら、クライミングのことばかり考えてたら、家族サービスがおろそかになっていたようじゃ。どね~か機嫌をとっとかんと、年末年始のクライミングが出来なくなりそうじゃ。やばいやばい・・・。

これ食ってがんばろ。一週間「風を食った羊羹」
c0211368_23154836.jpg


ショリショリ部分にむらがある。たぶん、袋から出さずにゆっくり「風を食った」方が全体にショリショリが出て美味い気がする。
[PR]
by baabachp | 2009-12-07 23:18 | いろいろ | Comments(2)
Commented by おくやま at 2009-12-08 08:04 x
世の中は無垢から集成材、果てには丸太を桂剥きした物を接着したLVL(ラミネーテッド・ベニア・ランバー)を材料にプレカットを施した構造材にシフトしておりますね。

しかしですよ、田舎にはまだまだ在来軸組工法で手入れされた無垢材を使った柱で家を建てたい人は居ります。

ただ、景気が悪すぎて住宅ローンくめないのが現状っす。
森林組合も大工さんも耐え難きを堪え忍び難きを忍びましょうぞ。
Commented by ふゅきゃ at 2009-12-08 08:59 x
「高田なみのローキック~」
↑表現が笑えますね。

最近は機械化が進んでいるため、昔ながらの技が廃れてきているような・・・。仕事の早さだけが求められるのは、寂しいですね。


<< 牡蠣 いよいよ >>