勝山の岩場「メインストリートのならず者」について。

本日、勝山の岩場で登りました。

気になることを少々。

「メインストリートのならず者」なのですが数か月前、落石ありました。
今日エリアに着くと同じ所からの落石が確認できました。そして、スタート付近に「ノボルナ」とテーピングで印がありました。


そして、1ピン目から上の左側のクラックを見るとチョーク後があります。こちらはラインから外れています。

開拓者でもない自分が言っていいかわからないですが・・・。

2ピン目が1ピン目より大きく右に行っています。これは左の脆いところに行かせないため大きく右にボルトを持って行ったと推測されます。このクラック沿いを下から登らせるのであれば、クラック沿いにボルトを打っているはずです。3ピン目も同じことが言えます。そして4ピン目をクリップしてからクラックに出れば、あの脆い地帯は回避できます。開拓者はそうさせたかったと推測できます。
そしてなにより、右に出てからの一連のカチムーブが面白いのがこのラインの特徴です。こちら側から登って頂きたい。


本日、落ちそうな石は落しておきました。
落す前。
c0211368_2202182.jpg

落した後。
c0211368_221392.jpg



もう一つ気になることが。。。

終了点前の右側にある巨大なチョックストーン。なんか動いてる気がします。自分たちが登る時は出来るだけ体重を掛けないように、そろっと触っていました。持てば大ガバなため初見で取り付いたらガッツリ抱きかかえてしまうのであろうと思います。なんか危険を感じるので、当面の間「ならず者」は登らないでください。
取り付きにテーピングで「×」としてあります。

よろしくお願いします。
[PR]
by baabachp | 2015-10-04 22:24 | クライミング | Comments(2)
Commented at 2016-06-23 17:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by baabachp at 2016-06-23 20:50
開拓者様へ。
コメントありがとうございます!あの浮石が「ならず者」だったのですね。ルート名の由来を知る事が出来て感激です。浮石のあった辺りはまだまだ脆くて、触らない方がいい感じです。「メインストリートのならず者」は右に迂回してこそカチ山を代表するカチカチラインだと思います。自分としてはこのラインを大切にしていければと思っています。またどこかで岩場開拓当時の話が聞ければいいのですが・・・。


<< ベストコンディション。 B築T。注文承ります。 >>